めまいの恐怖TOP > めまいの原因を診断する検査 > 頭部MRI検査ってどんな検査?

頭部MRI検査ってどんな検査?

めまいには大きく2つの原因があり、その1つが脳内にあるとされているため、頭部の画像を鮮明に映し出すことができる頭部MRI検査が利用されます。
頭部CTとの比較をしながら紹介していますので、是非参考にしてみてください。

MRIについて

MRIとは略称のことで、正式には「Magnetic Resonance Imaging」日本語では「磁気共鳴画像」と言います。

MRIの特徴は、非常に強い磁石と微弱な電波を利用して、人の体の断面を撮像することができることです。
よく間違えられるのがCTですが、CTにはX線が使われますが、MRIには使われません。

CTよりも広い範囲をあらゆる方向から画像を取ることができるので、より細かく体の様子を知ることができます。

頭部MRIとCTの比較

頭部MRIでは、頭蓋内の断面を画像化することで、頭部内で起きている脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などを発見することができます。

頭部CTの場合には骨内の画像はあまり良く解りませんが、頭部MRIは骨を通した画像がくっきりと映し出されるため、頭部CTでは解らなかった病巣なども発見することができます。

さらには、CTではX線による被ばくが問題視されることがありますが、MRIではそのような心配がありません。

頭部MRIの有用性

めまいの原因は耳か脳にあると言われているため、耳の検査をしても異常が無い場合に頭部MRI検査をします。
この検査により、脳内のどこに障害が起きているのかも分かり、めまいの原因も判明します。

検査の方法としては、MRIの装置に仰向けに寝て、トンネル状になった筒の中に入り検査をします。

かなり大きな音が出て、時間も20~30分と長いのですが、頭部MRI検査を受けることでどこが悪いのかがはっきりと分かるため、障害とめまいの早期診断に役立ちます。

費用としては、3割負担で10,000円前後を見ていると良いでしょう。

頭部MRI検査ってどんな検査?に関連するコンテンツ一覧

  1. 眼振検査ってどんな検査?
  2. 聴力検査ってどんな検査?
  3. 頭部MRI検査ってどんな検査?
  4. 平衡機能検査ってどんな検査?
  5. めまいで悩んでいる方必見!今話題のめまい外来とは?
  6. めまいの原因を診断するために必要な検査

めまいの種類と症状

めまいを起こす病気と治療法

めまいの原因を診断する検査

めまいに関するQ&A