めまいの恐怖TOP > めまいを起こす病気と治療法 > パニック障害の気になる症状と治療方法

パニック障害の気になる症状と治療方法

パニック障害は20代~30代の世代に多い心の病気で、めまいや息苦しさ、動悸などの症状を突然引き起こすので、強い恐怖心を感じてしまいます。
体は元気なのにこんな症状が出るようになったら、早く専門医の治療を受け心を楽にしてあげましょう。

パニック障害の症状

パニック障害という心の病気は、最近になってようやく認知されるようになりましたね。

名称の通り、何らかの現象に遭遇したり特定の場所、空間に行くと、過度の息苦しさや動悸、めまい、発汗、頭痛などを起こしてしまう心の病気のことです。

この病気の怖いところは、激しい息苦しさや動悸、めまい、頭痛などが突然起きてしまうので、「自分はこのまま死んでしまうのではなか?」と非常に強い恐怖心に陥ることです。

恐怖を感じれば感じるほど症状を悪化させて、自分自身をパニック状態に追い込んでいく、という悪循環を起こしやすくしてしまいます。

特にパニック障害の症状で多いのはめまいですが、他にも1人で外出できなくなったり、反対に1人で家にいることができなくなったり、震え、吐き気、そして過換気症候群を引き起こすこともあります。

パニック障害の原因

パニック障害を引き起こす原因はストレスと言われています。

仕事などで毎日過酷な状況が続き、疲労の蓄積と過度のストレスがかかりながらも、周囲の期待に応えようとギリギリの状態を続けると、知らず知らずのうちに心も体も疲れきってしまいます。

そのうち以前できていた仕事が出来なくなり、精神的に自分を追い詰め、自律神経が乱れたり心のバランスが取れなくなり、パニック障害を起こすようになるのです。

パニック障害の治療

パニック障害の治療は主に薬物治療が行われます。

本来この病気は体ではなく心の病気であるため、心の健康を取り戻すことが重要なのですが、早く社会生活に復帰するためには、薬の力を頼ってまずは症状だけでも和らげて、心の不安を少なくすることが大切なんですね。

体のどこも悪くないのにめまいが頻繁に起きる場合には、精神性の病気を疑い、早めに治療を開始することが大切です。

放置しておくことで心の不安がさらに大きくなると、病状も悪化して治りにくくなるので、早期に専門医のところへ相談に行くようにしましょう。

パニック障害の気になる症状と治療方法に関連するコンテンツ一覧

  1. 慢性中耳炎の気になる症状と治療方法
  2. ハント症候群の気になる症状と治療方法
  3. 椎骨脳底動脈循環不全の気になる症状と治療方法
  4. 脳血管障害の気になる症状と治療方法
  5. 聴神経腫瘍の気になる症状と治療方法
  6. 更年期障害の気になる症状と治療方法
  7. 自律神経失調症の気になる症状と治療方法
  8. 前庭神経炎の気になる症状と治療方法
  9. メニエール病の気になる症状と治療方法
  10. めまいを起こす気になる病気
  11. パニック障害の気になる症状と治療方法
  12. うつ病の気になる症状と治療方法

めまいの種類と症状

めまいを起こす病気と治療法

めまいの原因を診断する検査

めまいに関するQ&A