めまいの恐怖TOP > めまいを起こす病気と治療法 > 脳血管障害の気になる症状と治療方法

脳血管障害の気になる症状と治療方法

脳血管障害を発症すると突然血管が破裂するなどの発作が起きますが、実は前兆としてめまいや立ちくらみ、手足のしびれなどの症状が出ているはずです!
それらを見過ごさないで、早期治療によって普通の生活を取り戻しましょう。

脳血管障害の症状

脳血管障害とは死因の分類による疾患の名前で、一般的には脳卒中と呼ばれる病気のことで、症状としては脳内の動脈が詰まって血流が悪くなったり、破裂してしまうことがある恐ろしい病気です。

脳血管障害は突発的に生じる発作なのですが、実はその前には予兆があると言われています。

それが、めまいや立ちくらみ、手足のしびれ、舌のもつれ、物忘れなどで、このような症状が続く場合には脳血管障害を疑った方が良いでしょう。

脳血管障害の原因

脳血管障害は、高血圧の人に多いと言われていますが、それぞれの病気ごとに詳しく見ていきましょう。

・脳出血・・・一般的には脳溢血(のういっけつ)と言われているもので、動脈が破裂して血液が流れ出てしまうものです。
破裂する原因としては高血圧と言われていて、動脈に高い圧力がずっとかかるために動脈の壁に負担がかかり、耐えきれなくなって破れてしまうのです。

・くも膜下出血・・・くも膜下出血とは、脳の表面を覆う膜と膜の間の動脈が破裂して血液が流れ出すものです。
原因としては脳出血同様、高血圧のほか急激に体に力が入る、例えば排便時や興奮時、何か重い物を急に持ち上げた時などにも起こりやすいと言われています。

・脳血栓・・・脳血栓とは、動脈硬化により血管内に血栓ができ、それが脳の血管を詰まらせて血流障害が発生したものです。
動脈硬化は高血圧、糖尿病、高脂血症のほか、たばこを吸う人も多いと言われています。

・脳塞栓・・・脳塞栓とは、脳以外でできてしまった血栓が血管を通って脳内に侵入し、動脈を詰まらせたもので、この血栓の原因も脳血栓と同じと言われています。

脳血管障害の治療

多くの脳血管障害の治療は外科的治療が多く用いられますが、症状が軽い場合や血栓が小さい場合には内服薬だけの治療で経過観察となる場合もあります。

また、高血圧や血栓を防ぐような生活習慣もとても重要で、日ごろから規則正しい生活、塩分と脂肪を減らした日本食、たばこやアルコールを控える、散歩を心がけるなど、工夫をしてみましょう。

もし、安静時にめまいや立ちくらみ、手足のしびれや舌のもつれなどの症状が出たら、すぐに専門医に相談することが重要です。

脳血管障害の気になる症状と治療方法に関連するコンテンツ一覧

  1. 慢性中耳炎の気になる症状と治療方法
  2. ハント症候群の気になる症状と治療方法
  3. 椎骨脳底動脈循環不全の気になる症状と治療方法
  4. 脳血管障害の気になる症状と治療方法
  5. 聴神経腫瘍の気になる症状と治療方法
  6. 更年期障害の気になる症状と治療方法
  7. 自律神経失調症の気になる症状と治療方法
  8. 前庭神経炎の気になる症状と治療方法
  9. メニエール病の気になる症状と治療方法
  10. めまいを起こす気になる病気
  11. パニック障害の気になる症状と治療方法
  12. うつ病の気になる症状と治療方法

めまいの種類と症状

めまいを起こす病気と治療法

めまいの原因を診断する検査

めまいに関するQ&A