めまいを起こす病気と治療法

慢性中耳炎の気になる症状と治療方法

急性の中耳炎を繰り返してしまうと慢性化してしまい、慢性中耳炎になってしまいます。

慢性になることで鼓膜に穴が開いた状態になるので、難聴のほかめまいなども起こしてしまいます。

症状が進まないようにするためにも、早期に治療をすることが大切です。

慢性中耳炎の症状

慢性中耳炎とは、急性中耳炎(耳の中で炎症が起き、ひどい場合には鼓膜に穴が開いて自然排膿する病気)の治り方が充分でなかったり、何度も繰り返して鼓膜の穴がずっと開いた状態になる病気です。

鼓膜の穴が開いた状態になってしまうわけですから、そこから細菌やウイルスが入り込み膿が出て、耳だれなどの症状が起きます。

また、「聞こえる」ということに大切な鼓膜に穴が開いているため、伝音難聴となってしまいます。

穴が小さければ難聴が軽くてすみますが、病気が進行して穴が大きくなって細菌やウイルスの感染が続いてしまうとさらに難聴は進み、耳鳴り、めまいなどを起こしてしまいます。

中耳炎の原因

慢性中耳炎の原因は急性中耳炎の繰り返しですが、では中耳炎は何が原因なのかと言うと、風邪や耳かきなどが発端となることが多くあるようです。

風邪をひくと細菌やウイルスが耳管を通って中耳に感染し、炎症を引き起こします。

また、耳かきをし過ぎると耳の中が炎症を起こし、そこから細菌やウイルスが中耳に感染して炎症を起こすというわけです。

赤ちゃんや子供に中耳炎が多いのは、まだ耳官が未熟であるため、細菌やウイルスに弱く、また喉や鼻からの影響も強いためと言われています。



慢性中耳炎の治療

慢性中耳炎の治療は、大きく分けて2つあります。

保存的治療

1つは保存的治療と言って、耳の中に抗生薬などを入れて感染を軽くするというものです。

ただ、その後も風邪をこじらせたり体力が低下すると中耳炎を繰り返してしまい、難聴や耳鳴りなどがひどくなるケースもあるので、その際には手術の必要も出てきます。

外科的治療

もう1つは外科的治療と言って、手術をすることになります。

穴の開いた鼓膜を再形成するもので、最近は症状によっては簡便な手術も可能となりました。

また、症状が進んだ全身麻酔の手術でもかなり改善された術式となるので、めまいのほか難聴などの回復も大きく期待できるようになっています。