めまいを起こす病気と治療法

更年期障害の気になる症状と治療方法

女性に誰しも起きる更年期障害、人によってはめまいやほてり、イライラなど多くの不定愁訴によって辛い日々を過ごしている場合があります。

ここではこのような更年期障害の症状、原因、治療について解説していますので、是非症状の解消にお役立て下さい。

更年期障害の症状

更年期障害は閉経前後の女性に見られるもので、自律神経失調症と精神症が併発して起きる不定愁訴のことです。

症状としては人によって違いはあるものの、めまいや立ちくらみ、のぼせ、ほてり、発汗、肩コリ、イライラ、動悸、息切れ、不眠、シミ、シワ、手足のしびれなどが起きやすくなります。

この更年期に起きるめまいのほとんどは、浮動性めまいと言ってフワフワと宙に浮いているような症状と言われています。

あわせて読みたい
浮動性めまいの気になる原因と症状ストレス性めまいとも言われる浮動性めまい、そのためストレスを緩和することでめまいの症状も改善することができるようです。ただし、しびれやマヒ、意識障害を伴う場合には病気が隠れていることがあるので、すぐに病院にいくことが重要です!...

更年期障害の原因

女性なら1度は訪れる更年期障害は、ほとんどが45~55歳の間で起きます。

この時期は卵巣から分泌されるエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの量が一気に少なくなることで自律神経中枢に影響を及ぼし、自律神経失調症を起こしてしまいます。

これが更年期障害の原因となるわけです。

この年齢の時期は、家庭や社会環境の変化によって精神的なストレスが多く発生する時期でもあるため、より自律神経がバランスを失いやすくなり、体の不調と同時に精神の不調も重なり、めまいなどの症状を深刻にさせているようです。



更年期障害の治療

更年期障害を引き起こす原因はエストロゲンの減少だと分かっているので、治療としてはホルモン補充療法が利用されます。

また、精神的な落ち込みがひどい場合には、向精神薬を主体にした薬物療法と精神療法が治療に用いられることもあります。

一時期は、ホルモン補充療法は乳がんを誘発すると言われて敬遠されていた時期もありましたが、低用量のホルモン補充療法を行い、定期的ながん検診を受けていれば問題は無いと言われているので安心してください。

なお、更年期のめまいが気になる場合には、耳鼻科ではなく婦人科を受診すると良いでしょう。