めまいの種類と症状

頸性めまいの気になる原因と症状

頸性めまいはフワフワとした揺れのような症状が長く続くめまいで、原因は過去に起きた頸椎のトラブルだったり、重症の肩・首のコリから起きることも!

すぐに命にかかわるものではありませんが、日常生活に支障をきたさないうちに専門医に相談をしましょう。

頸性めまいの症状

頸性めまいの症状は頭が「フワフワ」としたフワつき感のあるめまいです。

めまいと言うとクラッとかグラッとか短い時間に起きるものが多いのですが、この頚性めまいは長い時間続くのが特徴です。

どんな時にこの頸性めまいが起きやすいかと言うと、首を回したり伸ばしたりすると起きやすいと言われています。

また、めまいと共に頭痛、吐き気、首の痛みなども併発することが多く、長期にこの症状が出るようです。



頸性めまいの原因

頸性めまいは、主に頚部のトラブルが原因と言われています。

ほとんどのめまいは耳か脳に何らかのトラブルが引き金となって発症しているのですが、この頸性めまいは頚部のトラブルが原因なのです。

首には頸椎という骨があり、この頸椎にトラブルを起こしてしまうと様々な症状を引き起こしてしまうのです。

主なトラブルとして4つの種類があります。

血流不良

ほとんどの頚性めまいはこの血流不良と言われています。

首の動脈が圧迫されて血液が正常に流れないために、頭がフワフワしてしまいます。

骨棘の圧迫

人は年齢を重ねると頸椎に骨の棘が出来てしまいます。

この棘が首の動脈を圧迫し血液が正常に流れなくなるのです。

肩と首のコリ

肩や首が凝るということは筋肉が緊張して血流が悪くなっているのですが、そのため頭にも血液が流れにくくなっているのです。

交感神経への影響

頭を急に動かしたりねじったりした時に、頸椎の血管を囲んでいる交感神経を刺激し、そのためにめまいが起きるのです。