めまいにはどんな種類がある?

めまいに悩む人に症状を聞いてみると、「ぐるぐる回って見える」、「宙を浮いているように感じる」など、その表現は人それぞれです。
というのも実はめまいには種類があるので、まずは自分のめまいのタイプをしっかり把握しましょう。

回転性めまい

まるで遊園地のコーヒーカップに乗った直後のように、自分や周囲がぐるぐる回っているように感じるのが「回転性めまい」です。

まっすぐ立つことや歩くことが困難になったり、ときにはひどい吐き気に襲われることもあります。

原因は主に抹消性の障害とされており、代表的な病気としては良性発作性頭位めまい症や前庭神経炎、メニエール病、突発性難聴、中耳炎によるめまいなど耳の病気が考えられます。

手足のしびれなどの神経症を伴う場合は、椎骨脳底動脈循環不全、小脳出血や脳幹部出血などの命にかかわる病気の可能性もあるようです。

浮動性めまい

「体がふわふわして宙に浮いた感じ」、「雲の上を歩いているよう」と表現されるように、体がふらついて正しい姿勢を保ことが難しくなるのが「浮動性めまい」です。

長時間続いたり何度も繰り返すなどの特徴がありますが、他のめまいと違って症状は比較的軽いとされています。

一方、その原因は特定されにくく、治療方法や対処方法が見つからないまま症状を悪化させてしまうというケースも少なくないようです。

原因としては、耳や脳の病気のほか、貧血や高血圧、自立神経失調症、更年期障害、生活習慣病などが考えられますが、麻痺症状や意識障害が起こった場合、腫瘍や脳梗塞などの重篤な種類の病気とも考えられるので注意が必要です。

動揺性めまい

歩いているときにふらついたり、椅子に座っていてもクラクラするなど、体の平衡感覚が失われたように感じるのが「動揺性めまい」です。

脳の異常による聴神経腫瘍や脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、椎骨脳底動脈循環不全などがまず考えられるため、すみやかに医師に相談することが望ましいでしょう。

また、「動揺性めまい」は薬物中毒や視力低下、「回転性めまい」が慢性化したことにより起こるケースも考えられます。

良性発作性頭位めまい症

ベッドから起き上がろうとして枕から頭をあげた時、ちょっと下を向いた時など、頭を特定の位置に動かしたときに起こるのが「良性発作性頭位めまい症」です。

「良性発作性頭位めまい症」は、地面に対してして頭がどのような位置にあるかを感じている前庭器官の耳石の異常によるもので、数秒から十数秒間激しい回転性めまいを感じますが、頭を元の位置に戻して安静にしていれば症状は治まるのが特徴です。

それほど心配のない種類のめまいとされており、患者さんの約3割が自然治癒すると言われています。

頸性めまい

首をまわしたり、伸展などの動きで首の左右を走る椎骨動脈が圧迫され、血流が低下することによって起こるのが「頸性めまい」です。

頸椎のゆがみが原因とされていますので、肩や首がこっている人、交通事故でむち打ちをしたり、スポーツなどで頚を痛めたことのある人に起きやすいめまいといえるでしょう。

短時間の回転性のめまいのほか、頭痛や頚の痛み、吐き気などの症状を併発することもあります。

心因性めまい

めまいの多くの原因は耳や脳と言われていますが、ストレスや緊張、不安、うつなどによってもめまいは引き起こされ、それが「心因性めまい」です。

不安障害、パニック障害、身体表現性障害、うつ病などが起因すると考えられていますが、めまいの種類は回転性から非回転性まで多様で、「まためまいを起こしたらどうしよう」という不安から、ますますめまいを起こしやすくなるという傾向もみられるようです。

身体的に異常が見つからないからと放置せず、精神疾患、神経症からくる症状だということをきちんと理解することが大切です。

更新履歴

めまいの種類と症状

めまいを起こす病気と治療法

めまいの原因を診断する検査

めまいに関するQ&A